このサイト内容の研究開発者

このサイト内容の研究開発者

風本真吾医師

成長ホルモン分泌不全症などの病気ではない場合の低身長の治療に関しては、一般的な医学研究は未熟でしたが、成長ホルモンの投与方法に工夫を重ねた風本真吾医師が治療症例を積み重ね、治療体系が進歩しました。特に、ここ1年の伸びが1cm以下になって、レントゲン上で骨端線がほぼ閉鎖している子供の骨端線を再生させる治療方法の工夫は積み重ねられました。

長年の低身長治療の実績の中で、

  • 「あの治療方法は極めて有効だった」
  • 「あの治療は、あの場合には、有効度が低かった」
  • 「あきらめていたケースでも、この治療が功を奏した」
  • 「こんなケースでは、あの治療とこの治療の組み合わせがよかった」
  • 「採血でわかったこの身体状況では、成長ホルモンなしでも十分に伸ばせる方法があった」
  • 「このケースでは、成長ホルモンの投与方法を工夫すると、非常に有効だった」
  • 「骨端線が閉鎖している場合は、このようにすれば2~6cm伸ばせる」

などの経験が積み重ねられ、その内容はこのホームページに反映されています。

また、レントゲン上、「骨端線が閉鎖している」という状態でも2cm以上伸ばせる人が一定の割合で存在します。多くの小児科医が「骨端線が閉鎖しているともう伸びない」と断言していますが、決してそんなことはありません。状況次第では、骨芽細胞の反応性を回復させて、いくらか伸ばせることがしばしばなのです。そのメカニズムに関しても、研究を推し進め、このホームページに反映させていく予定です。

風本真吾先生が、セカンドドクターの立場から身長に関する相談に答えてくれます!

ドクターにメールで無料相談

ご本人様はこちら
ご自身の背を伸ばしたい方はこちらから
保護者様はこちら
お子様の背を伸ばしたい方はこちらから

風本真吾医師
このホームページの著者 風本真吾医師のプロフィール
(一社)日本健康教育振興協会・「健康を守る秘書室」室長

平成元年:慶応義塾大学医学部卒業。医師免許取得
平成3年:慶応義塾大学医学部大学院入学 
平成4年4月~:29歳で、慶応病院の内科外来を担当。 
平成4年9月:四谷メディカルサロン(現「四谷メディカルクリニック」)開設。プライベートドクターシステムを始める。
平成5年~:セミナー、講演が大好評で、健康教育事業の規模拡大へ。 
平成7年:「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)を執筆。 
平成11年:浅井企画に所属し、テレビ出演多数。この頃から、マジンドールダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、背を伸ばす医療を次々と大成させる。 
平成12年:「お使者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)を執筆。60万部突破のセラーへ。 
平成13年以後:多数の著作を執筆。現在に至る。


お問い合わせ

TEL:03-3225-1567
平日13:00~16:00
メール相談はこちら