【こんな時は要注意!】低身長になる前兆と原因、その対策

【こんな時は要注意!】低身長になる前兆と原因、その対策

幼稚園~小学校1年生で背が低い

小学4~5年生までに平均身長に追いつくことを考えてください。そのためには、上手な栄養摂取が必要です。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

適切な栄養指導を行います。教育を考えた無理な食事指導ではなく、本人の食嗜好にあわせた食事指導に切り替える必要があります。ただし、肥満にならないような注意は必要です。最低限必要な栄養素は、骨の本体を構成するたんぱく質(アミノ酸)ですが、これはサーモンコラーゲンから抽出したアミノ酸(ペプチド)が最も優れています。メディカルサロンでは「背伸美肌(せのびはだ)」という名称のサーモンコラーゲン抽出アミノ酸を調味料や栄養補助食品としてすすめています。

また、メディカルサロンで開発したアルギニン含有健康食品(ピュアアルギ:顆粒状、自己成長ホルモン分泌刺激作用を持つ)が強い威力を発揮します。これを寝る2時間前に6g飲むようにすると背の伸び率が改善します。

一方、自己成長ホルモンの作用力を高める漢方系健康食品「童伸(どうじん)」だけで、伸び率が改善することもしばしばです。

小学校1年生~4年生まで背が低いまま

2~3年以内に思春期が始まります。それまでに平均身長に追いつかなければいけません。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

自己成長ホルモンの分泌刺激作用を持つアルギニンピュアアルギ」の投与(就寝2時間前に6g)とその自己成長ホルモンの作用力を高める「童伸(どうじん)」を利用します。また、思春期の発来を遅らせる治療を行うこともあります。栄養状態改善のために「背伸美肌(せのびはだ)」を用いることもあります。

小学校4年生~6年生で並ぶ順番が後ろに上がり始めた

思春期が始まっています。何とか手を打たないと、将来低身長になることは間違いありません。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

保険治療はできませんが、骨端線の閉鎖を遅らせる治療と成長ホルモンの投与、アルギニン含有健康食品「ピュアアルギ」の投与などを行います。

ここ2年連続で7cm以上伸びたが、まだ背が低い

もう身長の伸びは緩やかになり始めます。そこそこ伸ばせるのもあと1~2年ぐらいです。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

採血して、今後の見通しを立てます。じっくりと計画を練ります。

中学生以後でここ1年の伸びが3cm以下になった

このままではもう2~3cmぐらいしか伸ばせません。最終身長を予想してみましょう。この状態から、伸ばせるのはほんの少しです。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

採血して、場合によっては2年計画で10cm以上伸ばす治療計画を立てます。

両親の一方の背が低い

子供の思春期兆候には十分に気を使ってください。両親の義務と言っていいでしょう。

【手遅れの低身長にならないために|対策】

思春期兆候が見られそうなら、思春期を遅らせると同時に、背を伸ばすための複合的計画をたてます。

低身長治療専門医師へ無料相談

書籍・DVD

低身長治療関連書籍
低身長治療の診療現場から生まれたベストセラーの数々

背を伸ばす医療DVD背を伸ばす医療[DVD]低身長治療のノウハウを一挙集約!

お問い合わせ

 平日10:00~17:00
03-3225-1567

↑ PAGE TOP