わが子の「集中力」を高める医療

【番外編】わが子の「集中力」を高める医療

身長と一緒に成績も伸ばす!

背を伸ばす医療に取り組んでいるといろいろな事態に出会います。発育経過や検査データを見る限り必ず伸びるはずなのに、なぜか伸びないということに出会うのです。

中学2年生の秋に急に背の伸びが止まることがあります。クラブのキャプテンに任じられてそのプレッシャーで背の伸びが止まったのです。海外に引っ越して急に背の伸びが止まることがあります。海外での見知らぬ人に取り囲まれて生活するストレスで背の伸びが止まってしまうのです。受験前に急に背の伸びが鈍化するのはよくある現象です。

それらは脳内の「視床下部」というところに、失調状態を作り出します。

この「視床下部」というところには、感情(喜怒哀楽)、情動(イライラする、落ち着かないなど)、本能(食欲、性欲など)の中枢があります。と同時に、自律神経、ホルモン、免疫力のコントロールセンターでもあります。情動面の問題が起こり視床下部の失調が引き起こし、その結果、ホルモンの乱れが生じ、背の伸びが止まるのです。失恋して、そのショックで生理が止まる、などは視床下部失調の典型例です。視床下部は脊髄と大脳の交点にあります。

さて、背を伸ばす医療を求めて来院する子供の中で、やや情動面で問題がありそうな子供に出会うことがあります。

周囲の人に反抗的な子供や、きれやすい子供、神経質な子供、精神的に落ち着きのない子供、いつも何かを不安に思っている子供、受験などのストレスに直面している子供などです。

その子たちには、視床下部を安定させるために「テアニン」というサプリメント成分を飲んでもらうようにします。テアニンというのは緑茶の成分で、茶道における「侘び」「寂び」の世界を演出します。視床下部を安定化させて、冷静沈着な状態を作り出します。このテアニンを投与すると、子供の集中力が高まります。

メディカルサロンのテアニンを含むサプリメントは、「イチョウ葉」と合わせていました。イチョウ葉は、海馬に働いて記憶力を高めます。また、前頭葉に働いて、理解力、判断力、推測力、計算力を高めます。主に高齢者の物忘れ防止に利用される成分です。サプリメントの名前は、「イチョウ葉&テアニン」です。

さて、「イチョウ葉&テアニン」を利用するようになったのは今年の5月ごろからです。朝食後5粒、夕食後5粒で飲んでもらいました。投与の結果、ストレス状態から脱出して、伸び悩んでいた身長がスッと伸びだす子供が現れました。「精神的に落ち着いた良い子になった」と親は語ります。それは1つの喜びなのですが、驚いたことに、その子供たちが皆、「学校の成績がよくなった」と言い出しています。わが子の頭をよくする医療

集中力が高まって、勉強を持続することができ、苦手だった記憶ものの勉強も苦にならなくなったというのです。

わが子の頭をよくする医療」・・・次は、その課題に取り組んでいこうかと思っています。

メディカルサロンの頭脳明晰セット

イチョウ葉&テアニン

イチョウ葉&テアニン

感情、情動、本能の中枢は脳の視床下部にあります。この部分は同時に、ホルモン、自律神経のコントロールセンタです。ストレス、プレッシャーなどで視床下部が乱れたために、背の伸びをロスしている子供がたくさんいます。診療現場では、そんな子供に、このサプリメントを使用してもらっています。

EPA&DHA

EPA&DHAサプリメント

背を伸ばすためには肉類を食べるのが一番です。たんぱく質の摂取効率は、肉が圧倒的に優れているからです。しかし、将来の健康を考えると、EPA体質にする方がいいのは間違いありません。背を伸ばしながらも、健康体を作りたい、という願いに応えて、このサプリメントをすすめています。

メディカルアイテム一覧ページ

身長発育指導士

身長発育指導士もっと深く学びたい人は、「身長発育指導士」検定の教科書をお求めください。
詳細・お求めはこちらから

書籍・DVD

低身長治療関連書籍低身長治療の診療現場から生まれたベストセラーの数々

背を伸ばす医療DVD背を伸ばす医療[DVD]低身長治療のノウハウを一挙集約!

お問い合わせ

 平日10:00~17:00
03-3225-1567

↑ PAGE TOP