背を伸ばす!成長ホルモンとサプリメントの使い方

成長ホルモンとサプリメントの使い方

成長ホルモン分泌不全症の場合は、成長ホルモン投与を行いますが、そうでない場合、成長ホルモン投与が有効となるのは、自己成長ホルモンの分泌が減って、背の伸びが止まりかける時期です。成長ホルモンを使う場合は、医療機関に相談してください。 それ以外の時期は、「栄養素の問題で伸びをロスしているから、栄養素で解決する」というのが、基本方針となります。どんな時期に、どんな栄養成分が推奨できるかをグラフに示しました。

グルコサミン(プラセンタエキス入り)摂取推奨 プラセンタ&グリシンリッチ

背を伸ばす医療目的で用いられている医薬品一覧

成長ホルモン注射

成長ホルモン注射

成長ホルモンが入った所定のアンプル(ガラス容器)を接続し、お腹や足などに自己注射します。

成長ホルモン舌下投与スプレー

成長ホルモン舌下投与スプレー

医師の処方に基づき、舌下投与型の成長ホルモンスプレー剤を診療所内で、個別に診療するごとに調剤しています。
実際に効果が確認されている成長ホルモンそのものです。

診療現場で用いられているサプリメント一覧

ピュアアルギ

ピュアアルギ

診療現場で使用されている工夫されたアルギニンサプリメント。

童伸(どうじん)

童伸(どうじん)

診療現場で使用されている漢方。鹿角エキスに蜂の子エキス、蟻の子エキスを主成分に。

GHmore(ジーエッチモア)子供用

GHmore(ジーエッチモア)子供用

ピュアアルギの味が苦手で飲めない子供のために開発されたまだ幼い子供向け。

プラセンタ&グリシンリッチ

プラセンタ&グリシンリッチ

診療現場で使用されている胎盤エキス系のサプリメント。

グルコサミン&コンドロイチン

グルコサミン&コンドロイチン

診療現場で使用されている軟骨成分系のサプリメント。

背伸美肌(せのびはだ)

背伸美肌(せのびはだ)

タンパク質系の栄養補充に。鮭皮抽出コラーゲン。大豆系排除。

このホームページの著者 風本真吾医師に無料相談

【無料】風本真吾先生が、セカンドドクターの立場から身長に関する相談に答えてくれます。

風本真吾医師のプロフィール(社)日本健康教育振興協会・身長発育研究室室長

平成元年:慶応義塾大学医学部卒業。医師免許取得
平成3年:慶応義塾大学医学部大学院入学 
平成4年4月~:29歳で、慶応病院の内科外来を担当。 
平成4年9月:四谷メディカルサロン(03-3225-1515、現「四谷メディカルクリニック」)開設。プライベートドクターシステムを始める。 
平成5年~:セミナー、講演が大好評で、健康教育事業の規模拡大へ。 
平成7年:「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)を執筆。 
平成11年:浅井企画に所属し、テレビ出演多数。この頃から、マジンドールダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、背を伸ばす医療を次々と大成させる。 
平成12年:「お使者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)を執筆。60万部突破の大ベストセラーへ 
平成13年以後:多数の著作を執筆。現在に至る。

身長発育指導士

身長発育指導士 もっと深く学びたい人は、「身長発育指導士」検定の教科書をお求めください。
詳細・お求めはこちらから

書籍・DVD

低身長治療関連書籍 低身長治療の診療現場から生まれたベストセラーの数々

背を伸ばす医療DVD背を伸ばす医療[DVD]低身長治療のノウハウを一挙集約!

お問い合わせ

 平日10:00~17:00
03-3225-1567

↑ PAGE TOP